Running Your Best!

マラソン歴3年の鈍足主婦ランナーがサブ4を達成するまで。

台風一過の「真夏日」マラソン練習会

台風一過のむわーっとした暑さの中、練習会へ行ってきました。

都心は朝まで強い風が残っていたものの、陽が昇るにつれ雲ひとつない青空が広がりました。昨日は距離走(ペース走)。*1

6月からこっち、腸脛靭帯炎を発症して今ひとつ調子の上がらない青豆。去年の7〜8月は早朝ランで月間走行距離を200kmまで伸ばしていたのに、今年はせいぜい130km。しかも、1回あたり10km以上ろくに走れていない状況。

まずい。いい加減、このへんで長い距離を走っておかないと。かと言って、一人じゃ走れないだろう。なんのかんの言い訳つけて、途中でやめるに決まっている。

というわけで、練習会です。練習会の良いところは、走らざるを得ない状況下に置かれる点。走れるかどうか不安はあったけれど、思い切って参加することにしました。*2

昨日はペースごとに数名〜10名でチームを組み、25〜35kmを走りました。

・キロ4分40秒:35km
・キロ5分00秒:32.5km
・キロ5分20秒、40秒:30km
・キロ6分00秒:27.5km
・キロ6分40秒:25km

青豆はキロ6分00秒のチームに潜入。もっと遅い方がふさわしかったのですが、キロ6分40秒だとフォームが崩れて接地時間が長くなり、余計にお膝が痛むのです。*3

27.5kmということは、駒沢公園一周2.5kmを11周。昨夜の台風で園内は折れた木の枝が散乱しています。それらをバキバキ踏んだり蹴ったりしながら走る。気温がぐんぐん上昇するため、2周ごとに給水・給食をとります。

結果、12.5kmで一度休み、また走り、また休みで、5kmぶんロス。最後の1周もあきらめて、合計20kmに沈みました。しかし、これだって一人では走れていない。きっと。お膝は痛いというより響く感じ、どちらかというと梨状筋の奥の方が引きつっている感じです。うーん。もうひと頑張りかな。

帰りはラン友女子二人とお茶しました。とにかくもう喉がカラカラで、猛烈に空腹で。サブ3.5の彼女たちは本当にすごいランナー(50代半ばと60代前半)で、そもそものろのろ走るだけだった青豆が「もっと頑張らなきゃ」と奮起したのは彼女たちの存在のおかげと言っても過言ではありません。この話はまた別の機会に。

仲間ができるのも、仲間と一緒に時間を過ごせるのも、練習会の良いところ。思い切って参加して正解でした。

*1:競技場を借り切ってのスピード練習の時もあります。青豆がこの練習会に行き始めたのは1年ほど前から。まだ数えるほどしか参加できていません。主にサブ3・サブ3.5ランナー対象ですが、青豆のようなドンガメランナーも受け容れてくれる心の広い練習会です。

*2:事前に打ち合わせたわけじゃないのに、現地でラン友二人(サブ3.5のツワモノ女子)を見つけ、俄然元気に。

*3:これはフォームの問題ですね。腰が落ちてドタドタ走りになっているから、余計膝に負担がかかる。目下、フォーム改善中。うまくいけばいいけど。