Running Your Best!

マラソン歴3年の鈍足主婦ランナーがサブ4を達成するまで。

横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン完走記 #1

f:id:miumiu3432:20170529213823j:plain

ウルトラマラソン、現実はそんなに甘くなかった!

さて、ウルトラを走ってすでに3週間。先日、完走者名簿とゴール写真(大判プリント)が送られてきました。お礼状によると、今回の横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン出走者数は100km:290名、65km合計937名、完走者は100km:182名(62.8%)、65km合計861名(91.8%)だったそうです。65kmはA(制限時間11時間)、B(制限時間10時間)の2部構成でしたが、制限時間超過(1時間以内)の完走者がいるとはいえ、完走率高い!

かくいう青豆、初ウルトラマラソン挑戦にして、65kmBの部を制覇いたしました。初ウルトラということで、「まあ、みちくさだしね」「どうせマラニックなんでしょ」という雰囲気ぷんぷんの「横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン」に出たわけですね、実際のところ。ええ、気楽な気持ちで。しかし、これがとんでもない勘違いでした。ゴール直後にいただいた「完走証明証」にある通り、「されど、現実はそんなに甘くない!」

実は、エントリー前、去年の「三浦半島みちくさウルトラマラソン」に出場した友人を誘った青豆、「今回はやめとく」と断られています。この時点で、もっと慎重になるべきでした。友人の話を聞く限りでは楽しそうに思えたし、自分も走れるかもしれないとかいかぶっていた軽率な青豆。完走証明証にある通り、「ウルトラの世界は泣きたくなる程、辛く苦しい道のりなのだ」った!

 

f:id:miumiu3432:20170618170038j:plain

つづく。