Running Your Best!

マラソン歴3年の鈍足主婦ランナーがサブ4を達成するまで。

東京マラソン2017、(続)頑張るシニアランナー

f:id:miumiu3432:20170401063144j:plain

東京都心の桜は3分咲きといったところ。今週末もぐずついたお天気で気温が下がりましたが、いよいよ本格的なお花見シーズンが始まりますね。

世界記録を塗り替えた超人シニア女子ランナー

ところで、皆さんは中野陽子さん(81)という市民女子ランナーをご存知でしょうか?

「全日本マスターズ陸上競技選手権大会」*175〜79歳の部で、3種目の世界記録*2、2種目の日本記録*3を持つ中野さんは、今回の東京マラソン2017を4時間11分45秒で走破、世界マスターズ80〜84歳(女子の部)の4時間12分44秒を上回り、見事に世界記録を樹立しました。

「5kmを28分45秒で行くつもりが29分で出ました。30kmまでは抑えて走り、35kmからの下りで一気に上げることができました。昨年はプレッシャーがあり記録が出なかったので、今年は気楽に走りました。身体も最後まで軽かったです。1年間の努力が実りました」(『ランナーズ』5月号ニュースより)

2015年3月の横浜マラソンには最年長女性ランナーとして参戦、4時間11分50秒で完走していますが、東京マラソン2016では4時間16分と、世界記録に3分あまり及ばなかったそうです*4

怪我も故障もしないのは、基礎を大事にしているから

runnet.jp

www.otsuka.co.jp

70歳から走り始め、初レースは71歳でホノルルマラソン(4時間44分44秒)、2011年76歳の時にサロマ湖100kmウルトラマラソンを12時間30分10秒で走破。

シニアランナーにとって一番の不安材料は怪我や故障ですが、中野さんの場合は若い頃に基礎スキーの経験があり、

基礎の大事さを理解していたので、正しい動きや練習の仕方をきちんと守っていれば、走っていても大きな故障はしないと分かっていました......

ということ。これはとても大事。でも、これができそうでなかなかできないことなんですよね。

こうして、中野さんは故障らしい故障もせず、週3日の通勤ラン7kmあまり*5、週末は所属クラブでスピード練習とLSD、といった練習を積み上げていらっしゃる。

いったい、身長152cm、体重40kgという小柄な体のどこにこんなスタミナが存在しているのでしょう。知れば知るほど、青豆ごときは驚嘆するばかり。いつかどこかのレースで是非お会いしたい。そして、あれこれ質問攻めにしてみたいものです*6

*1:男女ともに35歳以上が参加できる陸上競技大会で、クラスは5歳刻みに分かれている。

*2:3,000m13:58:58など

*3:800m3:29:19、1,500m6:35:46

*4:どうでもいいことですが、青豆(58)と同タイムです。これもどうでもいいことですが、中野さんは青豆の母親と同じ年齢です。

*5:遠征費用を稼ぎ出すために介護施設でリネン交換の仕事をしていらっしゃいます。

*6:インタビューを読んで印象的だったのは、走ることを通じて生まれる人とのコミュニケーションやつながりが嬉しい、と語っていらっしゃる点でした。