Running Your Best!

マラソン歴3年の鈍足主婦ランナーがサブ4を達成するまで。

振り返り(1)〜第11回湘南国際マラソン

f:id:miumiu3432:20170324055605j:plain

当日朝、シャトルバスで悠々と会場に向かう  

実は、青豆は東京マラソン2017の2ヶ月ほど前に、第11回湘南国際マラソン(2016年12月4日開催)に出場しています。  

いつかは出ようと思っていた湘南国際マラソン。先着順で競争率の高いことで知られるレースだけれど、2016年は6月末の一般2次募集であっさりエントリーできました*1。  

青豆にとって3回目、およそ2年ぶりのフルマラソン*2。  

新宿や池袋から現地の大磯までシャトルバスが運行され、ランナーは寝ながら現地に向かうことができる。これは楽ちん。青豆は前日から鎌倉に宿泊し、大船からシャトルバスを利用しましたが*3、車内はしんと静まり返っていて、快適そのものでした*4。  

会場で余裕をもって優雅に準備していたら、あっという間に8時です。  

9時、スタート。幸い暖かくてスタート前に震えることもなかった*5。スタートブロックはE、後方すぎて8km地点まで大渋滞でした。2万人近いランナーが走るには道路が狭いのかも。5km地点までキロ7分くらいで走っていましたが、その先は縫うように追い越し走行せざるを得なかった。これが消耗につながったのだと思います。

暑さと戦う後半、眼下に広がる大海原の声援に応えて   

それでも江ノ島(20km折り返し)までは快調で、折り返し後もキロ6分以内で走っていきました。前を走るラン友を発見して追い越し、適当なペーサーを見つけては追いかけて*6

ところが25キロ過ぎ、茅ヶ崎迎賓館前の給水所あたりから足が重くなり始めた。あとでラップを確認したら、この先はキロ6分を切っていない。ずるずると失速している。いくら水分補給をしても、30kmあたりで酸欠気味になり、手が痺れてきました。かろうじて足の痙攣は避けられたものの、35キロ地点の大磯港IC入口に至っては、キロ6分25秒くらいに遅れています。  

苦しい。これ以上のスピードは出ない。第2折り返し地点(西湘二宮IC)が果てしなく遠く感じられる。眼下に泡立つ海がキラキラと輝いている。  

ザッバーン*7。  

最後の急な坂*8を登り切ってゴール。ネットで4時間18分39秒、PBを12分更新。グロスはロスタイムが13分ほどあったので、4時間半を切れなかった。あと少し頑張れた気がする。でも、走りきった。その充足感はあった。  

私のマラソン人生、ここからだ。  

青豆は雲ひとつない青空を仰ぎました。

*1:公認レースではなくなって人気が落ちたという噂があるけれど、どうなんでしょう?

*2:フル参戦2回目は2015年3月開催の第1回横浜マラソンだったので、2016年12月開催の湘南国際マラソンまで1年9ヶ月の間隔が空いている。これは別に病気や怪我が原因だったのではなく、ただ単にモチベーションが下がっていたせいです。

*3:5時59分大船発、湘南バイパス経由で大磯プリンスホテルに7時着。

*4:それにしても、マラソン大会って男性ばかりですね。車内で女性は青豆の他に2〜3人程度でした。

*5:でっかいゴミ袋を被っていたのは青豆くらいのものでした。

*6:この「適当なペーサー」というのが曲者で、自分よりちょっとだけ速そうなランナーを見つけるのは案外至難の技です。次から次へといなくなってしまう。いなくなってしまうと足が遅くなる。これも経験不足なのだろうか。2ヶ月後の東京マラソンでは一切ペーサー探しを止めました。

*7:波の音。

*8:何じゃこれー?と叫びながら駆け上った。後で筋肉痛になったのは、この坂のせいに違いありません。