Running Your Best!

マラソン歴3年の鈍足主婦ランナーがサブ4を達成するまで。

横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン完走記 #3

40km〜ゴール

今回、ウルトラマラソンを走ろうと思った理由の一つに、42.195kmを超えた時、自分の体がどうなるのだろう?という興味がありました。

で、どうなったか?

友人に会えた安堵感も手伝ったのか、心のどこかで満足してしまったのか、ペースは落ちる一方でした。膝は痛むし、強い海風で体は冷えてくるし、エイドはどこまで行ってもないし。城ヶ島までの上り下りの多い海岸線が一番きつかったかもしれません。フルマラソンの42.195kmあたりで、5時間20分くらいのタイム。膝痛のため、もはや平均キロ8分ペースしか出せません。

三浦海岸〜剱崎エイド間が7kmと離れていたのも辛かったけれど、剱崎城ヶ島間はもっと離れて8km先。40kmを過ぎて、このアップダウンとエイドステーションの遠さは過酷でした。*1やっと城ヶ島に着いたと思ったら変なトレイルコースを走らされ、気分は萎える一方です。

f:id:miumiu3432:20170529215353j:plain

そんなこんなで、城ヶ島エイド(約46km地点)でまったり休んだ*2のもあって、この時点で、ずるずると予定より1時間も遅れ、すでに15時30分を過ぎようとしていました。

f:id:miumiu3432:20170529215210j:plain

一番休憩してしまった城ヶ島エイド。

52km地点の三崎港に着いたのは16時半。さらに予定より1時間15分も遅れていました。*3半分やけになりながら港の写真を撮ってLINEに送り、冷たい麦茶を飲み、団子を5個くらい食べました。これが信じられないくらい美味しかった。そして、LINEから友人たちの応援が。

f:id:miumiu3432:20170529215634j:plain

思わずたそがれた三崎港。

みるみる生気を取り戻した青豆は、ここから俄然走り始めます。55kmあたりから街の道路の上り坂が油壺まで延々5kmくらい続きましたが、もう歩きません。走ります。いつの間にか膝の痛みも消えていました。

f:id:miumiu3432:20170529215502j:plain

この団子が激ウマでした。

「ナイスファイッ!」と声をかけてくれた通りすがりのチャリ乗りお父さん、ありがとうございました。コンビニ前で応援してくれた皆さん、ありがとうございます。三崎口駅前で「おっべっぴんさん、すごいね!」と声をかけてくれた見知らぬお兄さん、ありがとう。三崎口駅からは下り坂、青豆はそのまま一気にゴールに向けて疾走しました。

ところが、最後の最後にソレイユの丘に至る急な上り坂が待っていました。疲れはてたランナーたちが、ゾンビのようにトボトボ歩いています。走り続けた青豆も、とうとう坂の途中で力尽きてしまいました。沈みかけた夕陽が丘の頂上を照らしています。

しかし再び、青豆は走り始めました。足も体も嘘のように軽やかに。ゾンビランナーたちを次々追い越し、そしてゴール! 

途中で歩こうが何だろうが、スタッフの皆さんが出迎えてくれて、声援を送ってくれて、制限時間内にゴールできたことの喜びが押し寄せてきて、言葉を交わした数々のランナーのみなさんの顔が浮かんできて、泣けました。目から汗の感動のゴールです。*4

f:id:miumiu3432:20170618170017j:plain

何、この達成感?

結局、ラスト15kmは平均キロ6分半で走っていました。ラスト5kmの下り坂はキロ5分ちょっとかしら。振り返ってみると、いったいどこにそんな余力が残っていたのだろうと不思議でなりません。*5

記録は9時間4分22秒*6。キロ7分ペースで走って7時間35分。8時間でゴールできたらまずまず?などと妄想していた青豆。世間知らずもいいところでした。せめて8時間台でゴールしたかったけれど、まあ、無事ゴールできたので合格ということにさせてください。

走ってみてわかったのは、諦めないで最後まで走りきれるかどうかが一番大事、ということでした。

ゴール後、ソレイユの丘の温浴施設で汗を流しました。極楽、極楽。*7のんびり湯に浸かっていたら、あっという間にとっぷりと日が暮れていました。お風呂上がりはまた喉がカラカラに。いったい今日一日で何リットルの水分を摂取したのだろう。空には薄い三日月が浮かんでいます。痛む左足を引きずりながら、帰りのシャトルバスに乗り込んだ青豆。ともあれ、こうして初ウルトラマラソンは幕を下ろしました。

 
おまけの後日談

レース後半、エイドであれやこれやとたらふくフードを食べたせいで、翌日は1kgも体重が増えていました。*8足に大きな水ぶくれができていたり、むくみが3日くらいとれなかったり*9、ダメージは予想以上でした。65kmでこんな状態になるということは、100km走ったらどうなるのだろう?

f:id:miumiu3432:20170529220107j:plain

戦利品の数々。

 

しばらく考えないことにします。

 

*1:途中、自販機でCCレモンを買って飲んだほどです。思い返すと、このCCレモンが悪かったのかも。

*2:手作りパウンドケーキを食べたり、顔や手を洗ったり、20分かそこら休みました。もう走る気はなかった。芝生に寝そべるランナーの気持ちが痛いほどわかりました。

*3:もっとも、「予定」なんてそもそも全くの憶測だったわけですが。

*4:ゴール写真は後日、大判プリントで送ってもらえます。一人一人、テープを張っての撮影。後ろでおじさんが待ち構えていらっしゃいます。

*5:それくらい、体が軽く感じられました。たぶん、適当に休みながら自分のペースで進んだのが良かったのだろうと思います。ウルトラマラソンというと、最後は足を引きずりながら、やっとゴールというイメージがあっただけに、これは意外な展開でした。

*6:ちなみに、このタイムで65kmBの部363名中189位でした。チーン。

*7:女子風呂は空いていますが、男子風呂は行列待ちでした。だって、男子が圧倒的多数ですもの。

*8:みなさん、ウルトラを走ったからといって、決して痩せませんから。

*9:いわゆる象足というやつ!

横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン完走記 #2

スタート〜40km地点

スタートは横須賀ヴェルニー公園。バラが美しく咲き誇る港のロマンチックな公園です。およそウルトラマラソンのために訪れるような場所ではありません。100kmの部は早朝5時にスタート済み、65kmAの部は8時スタート。青豆は65kmBの部、9時スタートでした。*1

f:id:miumiu3432:20170529214326j:plain

横須賀港、馬堀海岸を経て観音崎まで約10km。あっという間でした。平均キロ7分で走る心づもりでゆっくりペースを保ち*2、燈明堂に至るアップダウンもどうにかクリア。海沿いの道を上ったり下りたりの繰り返し。コースは全体に坂だらけです。そうか三浦半島って山だったんだ、と気づいた時は遅かった。平坦な道はほとんどありません。でも、景色は最高です。眼前に広がる大海原、心地よい潮風。

そして、くりはま花の国の鬼のような上り坂にさしかかったのは、20km過ぎたあたりでした。

f:id:miumiu3432:20170529214048j:plain
これが問題のくりはま花の国の激坂。のんびりな感じだけど、嘘みたいに辛い。

ポピーの花が一面に咲いていたり、ゴジラがいたり、チンチン電車とすれ違ったり。くりはま花の国は大変のどかな遊園地です。ただし、走っていなければ。急な上り坂はさすがに歩き、急な下り坂で膝が痛み始め*3、どんどんペースダウン。20kmを過ぎたら固形物を食べようと決めていたので*4、エイドステーションでミニトマトやきゅうりの浅漬けを食べました。 美味しい!

f:id:miumiu3432:20170529214412j:plain
野比海岸のエイドステーション。

野比海岸から三浦海岸、剱崎までは(遅くなったり速くなったりしながら)平均キロ7分ペースで淡々と進んでいきました。野比海岸のエイドで頭から水をかぶり*5、三浦塩キャベツとカレーパンを食べ、コーラを飲み、三浦海岸ではヒラマサの唐揚げを食べました。*6

f:id:miumiu3432:20170529214647j:plain
三浦海岸のエイドステーション。TKG、ヒラマサの唐揚げなど、一番ゴージャスなエイドでした。

三浦海岸は中間エイドで人も多かったのに、次のエイドまでランナーの姿をほとんど見かけなかったのが不思議です。少しずつ遅れていたのかもしれません。だんだん心細くなってきました。

38km地点の剱崎に辿り着いたのは13時40分。ちょうど40km地点に当たる松輪在住の友人*7が家の前で応援してくれることになっていました。彼女には13時30分〜14時に通過予定と知らせてありました。

しかし、全然間に合わない。「ごめん、14時30分!」と走りながらメールを打ち、小さな港町を目指し、松輪通過14時15分。*8再会を喜んだのも束の間、行く手にはさらなる急な長い上り坂が待っていました。どうなる、青豆。

f:id:miumiu3432:20170529214954j:plain

つづく。

 

*1:初めてなので、できれば65kmAの部(制限時間が11時間と1時間長い)に出場したかったのですが、気づいた時にはエントリー締め切りになっていました。みちくさマラニック走援隊主催のウルトラマラソンは年々人気が上がっているようです。

*2:最初から7割で走れと、ウルトラを走るラン友から言われていたので。彼女によると、せっかちな性格はウルトラ向きではないそうです。

*3:実は1ヶ月ほど前から左膝のお皿下あたりが痛むようになっていたんです。まずいなあ、やばいなあと思いながら走っていました。

*4:どちらかというと、お腹に何もない方が走れるタイプ。

*5:干上がるような暑さでした。しかし、暑いのは結構平気。

*6:三浦海岸に着いたのはちょうど昼の12時半頃で、TKG(卵かけご飯)をかきこむランナーが大勢いました。

*7:20年来の元同僚にして友達。会うのは5年ぶりでした。三浦半島を走る。しかも彼女の家の前を通る。ということで、事前に連絡しておいたのです。

*8:40kmまではなんとかペースを保って辿り着けたのは、友人が家の前で応援してくれたからだと思う。ありがとう!

横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン完走記 #1

f:id:miumiu3432:20170529213823j:plain

ウルトラマラソン、現実はそんなに甘くなかった!

さて、ウルトラを走ってすでに3週間。先日、完走者名簿とゴール写真(大判プリント)が送られてきました。お礼状によると、今回の横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン出走者数は100km:290名、65km合計937名、完走者は100km:182名(62.8%)、65km合計861名(91.8%)だったそうです。65kmはA(制限時間11時間)、B(制限時間10時間)の2部構成でしたが、制限時間超過(1時間以内)の完走者がいるとはいえ、完走率高い!

かくいう青豆、初ウルトラマラソン挑戦にして、65kmBの部を制覇いたしました。初ウルトラということで、「まあ、みちくさだしね」「どうせマラニックなんでしょ」という雰囲気ぷんぷんの「横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン」に出たわけですね、実際のところ。ええ、気楽な気持ちで。しかし、これがとんでもない勘違いでした。ゴール直後にいただいた「完走証明証」にある通り、「されど、現実はそんなに甘くない!」

実は、エントリー前、去年の「三浦半島みちくさウルトラマラソン」に出場した友人を誘った青豆、「今回はやめとく」と断られています。この時点で、もっと慎重になるべきでした。友人の話を聞く限りでは楽しそうに思えたし、自分も走れるかもしれないとかいかぶっていた軽率な青豆。完走証明証にある通り、「ウルトラの世界は泣きたくなる程、辛く苦しい道のりなのだ」った!

 

f:id:miumiu3432:20170618170038j:plain

つづく。