雨の日はランニング、

サブ4を夢見るシニア女子ランナー応援ランブログ

梅雨空を吹き飛ばせ!ミストシャワー湘南ランで海を満喫

サロマ、乗鞍天空など出走の皆さん、お疲れ様でした。

そして、さつかさん、びあーさん、はてブロTシャツの手配・配送、誠にありがとうございます。無事届きました。毎回お手数をおかけします。(同じ沿線住民なのでいつでも発送準備のお手伝いに伺えます。次回はぜひぜひこき使ってくださいまし)

 

 

さて、6月最終土曜日、ジメジメ梅雨空を吹き飛ばせ!とばかりに、Macさんプロデュース「湘南ラン!私を海につれてって」に混ぜていただきました。

Macさんをはじめ、バンビさんごいさんネムネムさんnaoさん、参加者はサブ3.5~3の方々。ごめんなさい、ついていけません。落ちこぼれてトボトボ走りました。でも皆さんと一緒だと鵠沼〜柳島往復18kmがあっという間。ミストシャワーも気持ちよく、とても走りやすかった。海はいいですね。

アフターは江ノ島のイタリアン&パンケーキ(フレンチトースト)。ジャスミンさんも合流し、楽しいひとときを過ごしました。

f:id:miumiu3432:20190702044352j:image

最近とみに楽しいイベントにお誘いいただいて光栄です。Macさん、いつも本当にありがとうございます。これも花巻〜仙台のご縁ですね。いや還暦つながりか(笑)

 

f:id:miumiu3432:20190702044602j:plain

実は青豆、湘南ランは2ヶ月に1度くらいの割合で単独実施中。↑4月某日の柳島海岸。

f:id:miumiu3432:20190702044711j:image

この日は前日の暴風の影響で砂が大集積でした。翌日に湘南月例が開催されてMacさん、ごいさんがこのコースを走られたということ。これはとてもじゃないけど走れない...

湘南は風や砂など自然の影響を受けやすいけど、いつも排ガスだらけの都心を走る身としては、抜けるような空と海の中を走れるのが最高に気持ちいい。

ご一緒した皆さん、ありがとうございました。また走りましょう!

 

ー 

 

ところで、今年は大阪マラソンに出走します。

4月に「市民アスリート枠」エントリーがぎりぎり間に合いました。

大阪マラソンは初めて。というか、毎度ほぼ全て初めてのレースなんですが。(先が短いから、できるだけ初めてのレースを選ぶ)

青豆は学生時代〜20代の約10年余りを京都で過ごしましたが、引っ込み思案だったので大阪(都会のイメージだった)へ出かけることは滅多にありませんでした。大毎地下劇場にはよく映画を観に行ったなあ。(今はもうないようです)

今回も大阪マラソン出走→広島帰省の流れ。老母も老い先そう長くないので、できるだけ西方面のレースに出て顔を見せに帰ろうという魂胆が実は隠れています。

 

そんなわけで、今秋出走レースは

10/27 いわて盛岡シティマラソン

12/1  大阪マラソン

に決定です。

 

レースをご一緒される皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

 

【レポ】コソ参加のはずがバレバレに〜関東マスターズロード選手権大会

6/2(日)、第21回関東マスターズロード選手権大会を走ってきました。

ちょっと青豆さん、先週たしか山中湖ロードレースを走ってましたよね。大丈夫なんですか、そんなに走って(体を酷使して)。

そんな声が聞こえてきそうです。

なので(余計な心配かけちゃいけないので)実は当大会出場は黙っているつもりだったんです。ところがひょんな成り行き(後述)からバレバレに...

f:id:miumiu3432:20190603060641j:image

会場は東京都立川市国営昭和記念公園うんどう広場。ここで開催されるマスターズロード選手権は6月、9月、12月の年3回(関東、東京、東日本)あります。種目は10km、5km、ハーフの3種目。公園1周5kmを周回します。

青豆は2回目の参加です。去年は27度以上の酷暑で(柴又100kと同日でした)ハーフをDNF。今年は10kmにエントリーしました。

miumiu3432.hatenablog.com

結果は53:54。W60(女子60~64)の部第2位入賞でした。

わーすごーい。いやいや、全然すごくないんですって。10kmの部のW60出走人数は5名。女子全体で16名でした。(ちなみに男子は90名近く。)例えばW60参加者が3名だったら、必然的に完走すれば3位入賞する仕組みw

でもまあ、今回のW60出場の5名はだいたい同じくらいの走力だったみたいで(接戦!)、その中での2位は素直にうれしかったです。

気温は22度と低めでしたが、湿度が高くじわじわと暑くなっていきました。細かな起伏が繰り返される周回コースが地味にきつい。後半失速しました。

最後まで力を振り絞れたのは、この方の応援のおかげ!

f:id:miumiu3432:20190603100052j:image

その方の名はごいさん! なんと、手作りのうちわで応援してくださいました。感謝感激です。

ごいさんも当大会のハーフを走るはずでしたが、膝を故障中で、当日ドクターストップがかかってしまいました。

ごいさんとは2年前のつくばマラソンですれ違ったきり。やっとお会いできました。当ブログ開設まもない頃、最初に温かい励ましのコメントをくださったのがごいさんでした。青豆がはてブロを続けているのはごいさんのおかげと言っても過言ではありません。

そして、そんなごいさんとの今回の邂逅を導いてくれた人、それはこの方!

f:id:miumiu3432:20190603102812j:image

われらが還暦の星、MacRunさん(この写真、妙に気に入りました。勝手に借用してすみません笑)

この日、Macさん、バンビさんよーじさんの3人は「月例多摩湖」に参加。その後でマスターズ参加のごいさんと合流しようとしたところ、青豆のマスターズ参加がどこからともなく事前にバレたというわけです。

yozyworld.hatenablog.com

rain-cascade.hatenablog.com

 

コソ参加はバレるものですね。笑

でも、バレてよかった。こんなに楽しい打ち上げ@立川が待っていたんですから。

f:id:miumiu3432:20190603083723j:image

久々にいっぱい笑いました。同郷(広島)のよーじさんともやっとお会いできました。広島弁で喋れて楽しかったなあ。バンビさん、いつもかわいーい。皆さん、ずっと昔から知り合いであるかのような、不思議な安心感。なぜこんなに落ち着くのだろう。

マスターズそのものは地味なレースなのに、全体にサプライズ&ジョイフルな一日でした。楽しいひとときをありがとうございました。またお会いましょう!

【レポ】命拾いの湖畔一周、灼熱の山中湖ロードレース2019

5/26(日)、全国各地でマラソン大会参加の皆さん、暑い中大変お疲れ様でした。

今朝のニュースで「昨日はマラソン大会で救急搬送されたランナーも数多くいた」と熱中症注意を呼びかける報道がありました。皆さんご無事でしょうか。

同日、第39回スポニチ山中湖ロードレースに初参加した青豆、なんとか無事生還できました。

当大会はハーフと湖畔一周13.6kmコースがありますが、自己防衛本能が働いたのか(というか、仙台国際ハーフ2週間後だし疲れ満載だろうし念のため)湖畔一周コースをチョイスしています。

選択は間違っていませんでした。だいたいにおいて、疲れが抜けない中、老体に鞭打って山中湖まで出かけるなんてどうかしています。実は前夜までDNSしようか迷っていた青豆。ハーフコースに出走していたら、99.9%、まず間違いなくDNFだったと思います。

 

f:id:miumiu3432:20190527080726j:image

避暑地の富士山麓も30度に迫る暑さに

なにしろ当日は山中湖村においても最高気温29.6度を記録。「こんな暑さは初めてです。水分補給を怠らないように。決して無理をしないでください」と、ゲストランナーやMCが盛んに注意を呼びかけていました。

湿度が低いので木陰はひんやり感じますが、日差しが強く、あっという間に体内の水分が蒸発してしまう体感でした。

f:id:miumiu3432:20190527085151j:image

会場の中学校に頭を出す富士山。

快晴。気温27.2度(午前9時スタート時)。こんなにきれいな富士山、見たことがありません。レース中も5キロ地点あたりから、眼前にどーん!と富士山が見える(というより「広がる」)んですが、これがもう壮観そのもの。

f:id:miumiu3432:20190527090456j:image

スマホを所持して走る習慣がない青豆、この日ばかりは所持しなかったことを後悔しました。ビューポイントでは、ランナーの多くが立ち止まって記念撮影です。特に湖畔一周コースは観光目当てのランナーが多いみたいですね。

f:id:miumiu3432:20190527102757p:plain

↑こんな風景が2kmくらい続きます。(当日はこのHP画像より美観だったと思う)

そしてその後7キロ地点あたり、難所である峠道が訪れます。

f:id:miumiu3432:20190527090508j:image

f:id:miumiu3432:20190527090526j:image

それまでも下り基調とはいえ細かな起伏があって、全然ペースが上がりません。暑さのせいなのかどうか、birdさん(お会いできず残念)も書いていらっしゃいますが、とにかく心肺が苦しい。給水所ではかぶり水を何度もしました。

気晴らしの写真撮影もかなわない青豆、こうなったら走るしかありません。ラストの上り坂は死ぬかと思いました。

命からがらゴールすると、いただいたアクエリアスを一気飲み。氷水で冷やしてあるのがありがたかった。

速い女子ランナーの特徴とは?

実は今回、無理くり当大会に参加したのには理由があります。3ヶ月前に山中湖村に移住した友人Aさん(63)夫妻に会うためでした。老後は山中湖村で悠々自適、優雅に暮らすと東京を去ったお二人。憧れの彼らはハーフに参加です。

それから、もう一人の友人Bさん(フルのPBサブ3.15 )にも久しぶりに会えた。彼女もハーフ参加でしたが、13.6kmコースをほうほうの体で走り終えた青豆のほとんど直後に(15分の時差スタートがあるとはいえ)軽々とゴール。

この人、Bさん(52)はハーフ壮年女子の部(50歳以上)上位入賞でした。

「暑くないの?」「いや、暑いのなんの」「それでも90分切りでしょう?」「いや、さすがに無理ムリ」

そんな会話を交わしながら、表彰式を見物しながら、あらためて彼女はすごいランナーなんだなあと感慨深いものがありました。一体どうやったらあんなに速く走れるんだろう? 偶然ながら、本大会の表彰式では知り合いもハーフ一般女子の部に上位入賞していて、ご挨拶ができました。

f:id:miumiu3432:20190527121716j:image

速い女子には共通する3つの特徴があります。それは

  1. 細い(華奢というのではなく、鍛錬した鋼のようなバネのある体つき)
  2. 謙虚(決して「速い」のを鼻にかけない。むしろ控えめ)
  3. 強い(表には出さないけど、内に秘めた闘志が半端ない)

Bさんを見ていると、3に支えられている部分が大きいように思います。2年前に参加した時は故障で思い通りの走りができなかった、今回はそのリベンジのつもり、と話していました。湖畔一周コースで根をあげた青豆とはえらい違いです。

その他

山中湖までは往復マラソンバス(新宿発着、往復5500円)を利用しました。行きは中央高速(2時間弱)、帰りは渋滞回避の御殿場経由、第3京浜(約2時間半)。朝早くて大変だけど(新宿5時半発)安全かつ楽でした。寝ていられるし。自家用車は便利ですが、渋滞が大変そうです。

帰りのバスで応援ナビの速報を確認したら、一周コース壮年女子の部72位でした。うへー。遅。いや待てよ、去年のデータによると、一周コース壮年女子は全部で約950名(めちゃくちゃ多い!)。もしかして、死にそうになった割には8%入り? それに50歳以上だしね。いやいや、こんなところで満足してちゃいかん。強い女子ランナーを間近にし、これまでになく身の引き締まる思いをした青豆でした。

f:id:miumiu3432:20190527090550j:image

Goldwinの参加賞Tシャツ。来年は40回記念大会なんですね。

 

追記

地元のAさん情報によると、昨日の山中湖ロードレースでは5名のランナーが救急搬送されたそうです。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ